現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"ブログランキング参加中です!”

ほぼ2年ぶりってことで

2017年09月08日 00:37

2015年9月から2年ぶりの記事です。
この2年間で随分と私を取り巻く環境が変わりました。

もちろん歳も取りましたが、体脂肪分も随分多く摂ってしましました。
若い頃のように、新陳代謝がされずに残ってしまいます。
 運動もなかなかやらないタイプの人間ですから、ブクブクと太ってきてしまいます。
お酒も嗜んでいますので、拍車がかかっています。

さて、そんな感じなので、本日、人間ドックにかかってきました。およそ、20年ぶりです。
年に1回の会社での健康診断も、胃部レントゲンが無くなって久しいので、バリウムも久しぶりに飲みました。
やはり脂肪肝と宣言を受けました。

おっと、今日の記事のカテゴリは植物でした。実は、今回のためにカテゴリを増やしました。
それは最近始めた、新しい植物の栽培のためです。その植物は、“ハオルチア”(ハオルシア)といいます。

ハオルチアとは、大きな分類でいえば多肉植物に当たります。アロエに近い仲間だそうですけれど、詳しくはネット検索してみてください。
事のきっかけは、この7月に、「何かないかなー」と、amazonでいろんなものを物色していて、【ハオルチアお任せ6種類】で1500円というところに目がとまり、
「安いじゃん」ということで、購入したのが始まりでした。

それで、ちょっと興味がわいてポチっと押して購入してみました。
何が届くのか判らない状態は、少し不安でしたが、荷物が届いて梱包をほどいてみたら、とてもかわいい6種類のハオルチアが入っていました。
 
届けられた、6種類のハオルチアをここで紹介したいと思います。

①グラキリス
グラキリス

葉の拡大
グラキリス拡大
程よい肉厚な葉です。先端がやや尖っています。色合いは淡いグリーンです。小株もついてお得感のある個体です。
通称 [窓]と呼ばれる、葉先の透明部分は、あまり目立ちません。小株だからでしょうか?

インターネットで、グラキリスの画像を検索すると,これと似た個体の写真もあるのですが、全く似てないものもグラキリスとして紹介されていたりもします。
 ハオルチアの世界は、かなり品種名や種小名が混乱しているらしく、または、商品価値を高めるために勝手に『呼び名』をつけたりしてかなりカオス化した世界のようです。
②シンビフォルミス
シンビフォルミス

葉の拡大
シンビフォルミス拡大
グラキリスよりさらに淡い色のハオルチアです。
はっきり言って、私にはグラキリスとの違いが色だけのように見えます。
ハオルチアの世界は、万年青や富貴蘭の世界のようです。奥が深いだけに、ハマるとやばそうです。

尻切れトンボのようだけど、久しぶりのブログ更新は、私の中のエネルギーの消費が激しく、そうそう続けられません。
よって、残りは次回に回したいと思います。






"ブログランキング参加中です!”
スポンサーサイト


最近の記事

free counters

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。