現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"ブログランキング参加中です!”

新しいペット(家族)

2012年06月26日 04:22

今日は新しい家族を紹介します。
ブログ用写真-1

ウーパールーパーちゃんです。
アホロートルともメキシコサラマンダーとも言うらしいです。
生涯を幼生のまま過すサンショウウオの仲間だそうな・・・

この子、実は娘がゲームセンターで獲ってきたんです。
なんと、UFOキャッチャーの景品だったらしいのです。初めてそれを聞いたときはビックリ!たまげてしまいましたよ。

娘が獲ってこなかったら、この子はゲーム機の中でどうなっていたのでしょうか?生き物を景品にするというのは、どうでしょうか。ちょっと考えさせられます。

この子が家に来たときは、前足がちょっと欠損してました。きっとおなかがすいて食べちゃったのでしょうね。
いまはもう再生してます。トカゲのしっぽみたいに再生するなんてすごいですね。

娘には、「我が家に来て良かったね。水槽もフィルターもちゃんと揃っていて、すぐに飼えるんだから。きっとこの子は運がよかったんだよ」と言いながら、余っていた水槽とフィルターを設置してすぐに世話を開始しました。

そして今では我が家の家族の一員になってます。玄関先でお客様をお迎えしています。
そして専ら世話をしているのは、獲ってきた上の娘ではなく、下の娘がしています。
可愛い、可愛いと言ってますが・・・・


"ブログランキング参加中です!”
スポンサーサイト

家族が増えた日

2009年05月31日 22:15

 先週、以前から電話で予約をしていた子犬の家族探し会開催の連絡を受け、豊橋にある愛知県動物保護管理センターへ行ってきました。
 
 「私が選びたい」と、言っていた娘も丁度テスト週間で午前中に帰ってきましたので、一緒についてきてもらいました。 
動物保護管理センターに到着
 
 開催予定時間よりだいぶ早くセンターに到着できたので、事前に家族になる仔犬たちを見る時間が有りました。
 
家族探しの子犬たち
 センターの方が、今回選ぶ5匹の仔犬は、全て兄弟で2月26日生まれで、最近の仔犬の中では特に可愛い子犬ですよと言われて、娘も喜んで仔犬を見定めていました。どの仔犬も皆人懐っこくて、可愛かったです。

人懐っこいよ~
 センターから仔犬を譲り受けるには、ある約束事を護らないといけません。それは、法令で決められた予防接種と登録を行うことと、最後まで面倒を見ることです。生き物を飼う上では当然と言えば当然のことですが、これが守られないから、センターには、毎日毎日放置犬に対しての報告やクレームが来るそうです。
 だいたいの犬が殺処分されるという現実が有るので、センターの方の説明は真剣でした。

 さて、この日は5匹の犬を5家族が選ぶわけですが、その方法は、希望の犬に投票すると言う形で行われました。希望した犬に、複数の家族が投票した場合は、抽選になります。
 私と娘とは、希望した犬が違ったのですが娘は私の選んだ犬で良いといってくれましたので、その犬に投票しました。結果は、その犬には私の票しか入りませんでしたので見事に希望した犬が家族の一員になりました。
 と言うことで、帰路は、仔犬と一緒に帰宅です。
新しい家族のもとへ・・・

 帰宅の途中で、ホムセンに寄って、子犬用のエサと綱と首輪を買って行きました。

生き物は、最後まで責任もって飼っていこうと気持ちを新たにさせてもらえました。


"ブログランキング参加中です!”

無題

2008年12月17日 21:43

家族の一員だった
別れ

 昨日の夕方、我が家で15年の生涯をとじました。


 無駄吠えばかりしてましたね。

 他所の犬を見ると直ぐに飛び掛ろうとしましたね。

 お隣の犬に喧嘩を吹っかけ、止めに入った私の手を噛み付きましたね。

 とんでもないほど、大馬鹿野郎でしたね。

 


 でも、大切な家族でした。


 ありがとう


 さよなら、ハリー

  "ブログランキング参加中です!”

今日の出来事

2007年08月01日 22:03

今日は、以前から飼育してきたキジバトを放す予定日でした。
子供達も記憶に残しやすい日ということで8月1日に決めていたのです。


 ところが、今日の朝を迎える前に鳩はあの世に行ってしまいました。
野生のイタチに襲われてしまったようでした。
以前、野良猫が小屋に侵入し、一羽を奪っていってしまった件で、小屋には猫が入り込めないように金網を周囲に巻いて囲みました。しかし、イタチはそのわずかな隙間から侵入し、鳩を殺して血を啜って逃げていってしまったのです。

 残念なことです。悔しいです。悲しいです。
 鳩を逃がしてあげる日であった今日、子供達には鳩の命日として記憶に残ってしまいました。


子供達で、墓を庭に作って埋めてあげたようです。


在りし日のキジバト
arisihinokijibato

"ブログランキング参加中です!”


最近の記事

free counters

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。