FC2ブログ
現在の閲覧者数:

生命(いのち)の海科学館

2008年12月15日 00:08

今日は、午後から隣の蒲郡市にある、《生命の海科学館》に行ってきました。
 久しぶりに蒲郡市内を走ったので、ナビのお世話になりましたが何とかたどり着けました。
科学館正面玄関
日曜日の昼過ぎでしたが、一般の来館者、あまり居ませんでした。ただ、地元の子供たちが大勢来ていて、1階のPCが置いてある情報工房は満員でした。

 プレシオサウルス
正面玄関を入ると、ヒゲクジラの全身化石が出迎えてくれます。さらに1階から2階へ向かう螺旋階段中央には、プレシオサウルスの全身骨格化石(複製)が空中を遊泳するかのように展示されています。

 2階フロアーを少し入るとメインの展示室がありますが、ここからは有料でした。大人は700円ですが、事前にwebサイトで割引券を入手すれば500円です。私は、そんなことを知らずに行ってしまったので700円を払いましたorz

 私が、このメイン展示の中で一番好きなのが、カンブリア中期の化石です。

 カンブリア期に、生物の多様な進化が起きて様々な種類の生き物が生まれました。まさにそこは、『生命進化の大実験場』といえるものでした。いわゆる、『カンブリア大爆発』といわれるのがそれです。

と、昔TV(NHKスペシャル)でやっていたのを食い入るように見ていた私にとっては、実物を見れるのがとても嬉しいのです。

この科学館でも、カンブリア大爆発の化石として、バージェス動物群や、チェンジャン動物群化石、さらに時代を遡り、先カンブリア時代末のバージェスエディアカラ動物群化石などの展示があります。

その中で、一番好きな生物と言えば、【アノマロカリス】です。
バージェス頁岩の中から発掘されたのが有名ですね。

どんな生物なの?と思われる方に、復元モデルで紹介します。
アノマロカリス
これがアノマロカリスです。
『ナウシカ』に出てきそうな生物ですw
この時代の食物連鎖の頂上に君臨したらしいですけど絶滅し、今の世に繋がる道を絶ったとされています。
 
アノマロカリスの触手化石
もう、この化石を見るだけでも興奮します^^
私にとっては、これを見るだけでも700円以上の価値はあります。

メイン展示の最後には、イクチオサウルスの全身化石があって、これも迫力物です。

生命の海と言うことだけあって、陸上生物の化石は殆どありません。なので、陸上の覇者の恐竜(鳥盤類や竜盤類)の化石を期待しても残念な結果になりますのでご注意を^^
 



"ブログランキング参加中です!”
スポンサーサイト





最近の記事

free counters