現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"ブログランキング参加中です!”

行ってきました!!  めだかの学校会員特約店へ

2011年11月28日 00:05

いやー、今日はテンション高くなっちゃうなぁ

何がって? 

タイトルにもあるように、行ってきたんですよ。
初めてです。
もう、興奮しちゃいますよ。


安城市にあるアクアショップ、〈AquaRevue〉さんへ行ってきました。

ナビにセットして行ったので、道に迷わず約1時間10分で到着しました。
もともと、このショップへは、あくえりあすさんのこの記事を拝見してから行きたくなっていました。

 その思いもあり、今日は時間が取れたので思い切って行って来た訳です。

ショップ全景
この光景、憧れてました~。ショップの前に、ADAの構図素材が~~~~~~

関東、近畿圏などのアクアブログなどのショップ訪問やAJなんかのショップ紹介などで幾度となく見た光景。
一気に血圧が上昇しました~。

店内に入って一回りしてから、店の御主人に「写真撮らせてください」って言ったら快い返事を頂けました。
そこで、まず撮ったのは店の奥にある180センチ水槽。
2年間維持している180センチ水槽1
2年間維持している180センチ水槽2
迫力と自然観が半端ないです。
聞くと、2年間維持しているという事でした。店の方は2年じゃ長期維持とは言わないですよって言ってまいたけど、僕にとっては2年はまさしく長期維持ですよ。
 管理は、ほったらかしだとか言ってましたけど、それで綺麗に維持ができているっていうところがすごいですよね。
 大きさも大きさですので、全体の重さをちょっと尋ねてみましたら、600キロ以上はあるとのこと・・・・ (゚□゚

 ビートルカウンター
これまた、憧れのビートルカウンター。
等間隔でCO2泡が螺旋を上っている姿は、もはや一見の価値があるといっていいでしょう。


ADAグッズも品揃え豊富!
この高級感溢れるシルバーとモノトーンを基調とした、ADAネイチャーアクアリウムグッズ。
この隣には、Do!Aquaシリーズも豊富に置いてありましたが、やはり本物と呼べるのはこちらじゃないでしょうか。
 
 
展示水槽ミニ
 店内には、大小様々な展示水槽があります。どれもこれも綺麗に水草が繁茂していました。
他にも写真を撮らせていただきましたが、手間の関係でこの辺で終わりにします。
 そういえば、お店にいるときに今月のアクアジャーナルを見たというお客さんが来られました。
最近、アクアジャーナルを買ってないから知らなかったけど、今日買って帰ってきたから、あとで見てみよう。

"ブログランキング参加中です!”
スポンサーサイト

トリミング

2011年11月26日 21:11

久しぶりにあおりで写真を撮ってみました。

あおりでパチリ
水垢が・・・・orz



そいでもって後景のロタラをトリミングしました。
ロタ~ラ刈ったら


"ブログランキング参加中です!”

トイレ水槽のコケ

2011年11月25日 20:33

めっきり寒くなってきましたね。

我が家では、ちょっと前まで蚊がまだ出ていたので電子蚊取り器もまだ寝室に出っ放しです。
さらに、昼間は日差しが強くて暑い日があったので、夜勤の昼寝の時に使用していた扇風機も片づけてありません。
 そんな、急激な温度変化に体の方がついていかなくなってきています。もう、歳なんですかね~?

 さて、うちのトイレ水槽には、レイアウト変更前からコケがびっしりと付いていた石がありました。

 緑色の糸状藻なんですが、しっとりとした緑色で、忌々しい黒髭コケや藍藻と違って趣があるように思えたので、鑑賞価値のあるコケと思い、ずっと取り去らずに残してきていました。
コケ
 しかし、レイアウト変更をしてから、なんだか成長が悪くなったようで、石からも剥がれてきたように見えるようになってしまいました。コケも環境が変わると成長が悪くなるんですね。
 やっぱり、光の当たり方や水質や水の流れとかが変わると下等な植物でもダメージとかあるのでしょうか?
 で、しようがないので今回このコケを取り除きました。そうしたところ、そのコケの横に別のコケが付着していることに気が付いたのです。

 そのコケとは、ウォーターフェザーです。

ウォーターフェザー
 いやはやびっくりです。(@_@)
 まさかこんな場所に生えているとは思ってみませんでした。

 たしかに、この水槽は以前に陰性水槽という事で、クリプトやシダ、ウィローモス、ウォーターフェザーをレイアウトした事がありました。でもその時のウォーターフェザーは、忌々しいコケたちに覆われてしまい、この水槽でのレイアウトを断念して別水槽に移し替えた筈です。その時にウォーターフェザーをこの石にレイアウトしたかどうかは忘れましたが、別水槽に移した時点でウォーターフェザーはこの水槽から姿を消したんです。
 それでもひっそりと育っていたんですね。すごいです。
 それに、当時はこのウォーターフェザーは、着生しない種類だとか言われていたような気がします。しかし、今見てみるとしっかりと着生していますね。どうやってこの石に着生したのかは謎です。

 それにしても、この水槽で成長を楽しめる水草が一つ増えたのは嬉しい事です。


"ブログランキング参加中です!”

ちょっと気になりましたので

2011年11月23日 23:10

今日は社会は祝日でしたけど、私は仕事でした。

なので、今日の記事は簡単に。

前回のトリミングの記事をアップしたときの写真を見ていて気になってところがありました。
右隅のストレーナーの部分のソイルが少し低いのがどうも気になってしまいました。
実はこの部分は、植栽直後から気にはなっていたんですが、なんとなく「自然感が増すかなー?」なんて漠然と思っていました。
気になる所
でも、最近は、どうもこの境目の線がウネウネ曲がっていることにストレスを感じるようになってしまいました。


ということで、今回は、この部分にソイルを足しました。グロッソの上からまぶしましたので、ちょっとグロッソが埋まっちゃっていますw
 
ソイル足し
ここのほかに、ラージパールグラスの後ろのあたりにもソイルを足しました。
"ブログランキング参加中です!”

コケもおさまってきました

2011年11月20日 21:17

 テトラ60ハイタイプ水槽のレイアウトは、今月の12日の時点では、まだコケがありましたがボチボチと落ち着いてきて、あまり増殖していないように見えます。
12日


コケに気を取られているうちに、グロッソがかなり蔓延りました。また、グロッソ以外にもテネルスレッドもしっかりと根を張り出して、成長しだしました。
そんなうちに、だいぶ前景草も茂ってきましたので、グロッソを中心として一度トリミングを行いました。
17日前景草トリミング後



 そして、先日には、別水槽で育成していた南米モスを巻いた小石を適度に配置しました。
コケ配置

次回は、中・後景草のトリミングでしょうか?
"ブログランキング参加中です!”

飛燕が完成

2011年11月19日 22:07

作っていた1/72スケールの飛燕が、ようやく完成しました。

無くなった尾輪とベンチュリー管は、それぞれ真鍮線やプラ棒などで自作して、取り付けました。
胴体の稲妻模様と主翼前縁の敵味方識別帯は、デカールです。
その他の画像-6

主翼や胴体の日の丸と胴体日の丸後部の赤帯は塗装で表現しました。
垂直安定板の部隊マークも手描きです。

その他の画像-1
機体色の銀は、ミスターカラーのNo.8やスーパーメタリック、Mr.メタルカラーなどを使って、少し塗り分けを行っています。
その他の画像-8
第2次大戦中の日本の戦闘機で唯一の液冷式だった3式戦闘機 飛燕。スピットファイアより断然格好良く、メッサーシュミットよりも強そうです。
  "ブログランキング参加中です!”

トイレ水槽の電気を換えたよ

2011年11月18日 13:07

今回はトイレ水槽の照明を換えてみたので、そのことを書きたいと思います。

今まで使っていた照明はこちら↓
そいでもって、これがエコルクスだっ!
アイリスオーヤマのエコルクス、12Wビーム型“電球色”

実はこれ、トイレ水槽に使うときに初めて電球色を買ってしまったことに気が付き、使用を中止したものです。
その後は、パソコンデスク用の照明になっていたんですが、パソコンデスク用照明で使っていても結構明るいことがわかったし、確か、昔はハロゲンランプも水草水槽用照明に使っていたことがあるという記事も読んだことがあったので、結局トイレ水槽用の照明に使うことになりました。

電球色もしっとりと落ち着いた色味で、趣があるとは言うものの、やはり水草の緑色が緑色に見えないのは気になりますね。
 そこで、今回はこの照明に変わるLED照明を探しにホームセンターへ行ってきました。そして、見つけたのがこの電球です。
OHM LED電球
なんといっても、魅力は、この全光束810ルーメンという明るさです。これまで使っていたECOLUXの全光束が約520lmということなので数字上では1.5倍の明るさだといえます。たしかに、商品の陳列棚に飾られていた点灯見本を見比べても、他のLED照明より明るかったです。
そして、もう一つの魅力が価格です。ECOLUXが売価で約4000円のところが、この電球はその半額の2000円程度で購入できました。この安さも魅力ですね。


早速、購入して電球を交換してみました。
下で、比較の画像を載せておきます。
どちらの写真も、マニュアルモードで撮影しました。シャッタースピードは1/40、絞りは5です。
電球色LED(ECOLUX12W)
ビーム球なので、照射角が狭いので、中央部分だけが最も明るくなっています。全光束が少なくてもしっかりとレイアウトを照らしてくれています。しかし、やはり色味が黄色っぽくて、さわやかな印象からは遠く離れていますね。
そのかわり、赤色の水草はより赤っぽく見えます。

そして、Acriche“アクリチ”電球(昼白色)
昼白色LED(Acrichi9.1W)
形状が一般電球のようなタイプですので、光が全体に回り込んでいます。そのせいで、全光束が810lmという割には、ECOLUXよりもかなり明るいという感じではないです。そのかわり、水槽まわりやトイレの壁にも光が届いていますので、夜、トイレの天井の電気をつけなくても用足しはできますw
色味については、少し、青白っぽい感じはしますが、自然な感じに近づきました。

ここで、LED照明全体について思っていることを書いてみたいと思います。
省電力・高輝度・長寿命、若干製造コストが高いけど、それを除けば夢のような照明です。
何かとECOだと持て囃されているLED照明ですが、本当に良い事尽くめなのでしょうか?

ちょっと気になったので、LEDの危険性でググってみました。そうしたらやっぱり危険性がありました。
LED光に含まれる青色光が目に悪影響を与えたり、皮膚に刺激を与えたりするそうです。

どうやら、LEDの白色光は、紫外線に近い青色光を多分に含んでいるため注意が必要らしいです。
そして、LEDの青色光は、水銀灯の23倍も青色光網膜障害のリスクが高いという事みたいですね。
ただし、これは様々な意見がある中の一つの見解のようですが。
それにしても、これまで恩恵を受けていた原発がとても危険な存在だったというのと同じように、エコだと持て囃していたLED照明が、もしかすると自分たちの健康を害するものだったということがあるかもしれません。

今後、アクアリウムの世界にもLED化の波が今まで以上に押し寄せてくる様な気がします。
アクアリスト諸氏は、LEDの光を見続けないように注意して、自分の身を守る必要があるかもしれませんね。


"ブログランキング参加中です!”

モケイおじさんとモケイお兄さんの合同展示会in蒲郡

2011年11月14日 13:30

日曜日に、1年に1回の模型イベント、
モケイおじさんとモケイお兄さんの合同展示会in蒲郡があったので、見学に行ってきました。

まずは、入り口の看板
その他の画像-1

入ってすぐのところにあった大型模型作品
カール
列車砲カール(奥)とSd.Kfz.9 18tハーフトラックとSd.Ah116 トレーラー& Pz.Sfl IVディッカーマックス

ドラゴンワゴン4
ドラゴンワゴン
大型モデルは、作りごたえがあるので作ってみたいけど、飾る場所が…

会場の奥、窓寄りには航空機の展示エリアがありました。
その他の画像-8
一式陸攻…渋いです。

フェアリーファイアフライ
フェアリーファイアフライ
キャノピー枠の塗りが丁寧でした。

その他の画像-3
零式艦上戦闘機五二型
作りがとっても丁寧で、塗りが私好みです。

飛行機の隣には艦船模型がありました。今年はちょっと作品が少なかったように思います。特に現用護衛艦がなかったのが残念
フジミ高雄
フジミ模型 高雄型重巡洋艦

フジミ瑞鶴
瑞鶴

その他の画像-2
バイクの中で一番クリア処理がよかったように思いました。

その他の画像


アッガイネタ
とんがり帽子のアッガイ
とんがり帽子のアッガイ

ベアッガイ
べアッガイ



沖田艦
ファインモールド製 通称:沖田艦


その他の画像-4
これは、、、ww


やはり、ジブリ・宮崎ファンとしてはこれは外せない
その他の画像-5
悪役1号

その他の画像-6
ロボット兵と・・・・・シータは^_^;


その他の画像-7
ミレニアムファルコン号
電飾効果が抜群


C-17.jpg
これは凄い\(◎o◎)/!フルスクラッチのC-17 スケールがなんと1/50


Ho229V3.jpg
艶と模様でなんとなく大理石で作ってあるみたいに見えたHo229V3
とっても近未来的な形、初めて見て釘付けになりました。


P-51.jpg
タミヤのP-51、
うーん、、、作品はとってもきれいなんだけど、自分はどうしても米機が好きになれません。


LFA.jpg
レクサスLFA

移送用コンテナ
最後に、皆さんの模型輸送用コンテナをパチリ。
皆さんご苦労様です。
今年も楽しめました。
主催者様、どうもありがとうございました。

"ブログランキング参加中です!”

ヤマト再び

2011年11月05日 10:33

前回、ヤマトヌマエビを10匹購入して全滅したということを記事にしましたが、全滅ではなかったです。
1匹だけ生存を確認しました。
さて、そんな1匹の奮闘もむなしく、まさにホーンテッドマンションの蜘蛛の巣のように絡みつくコケが酷い、テトラハイタイプ60水槽。
立ち上げ初期のコケだらけはお決まり
いやー、ここまでひどいのは久しぶりです。

 そこで、今回コケイヤン隊を増強するため、またもやチャームさんでヤマトを購入しました。
今回は、20匹の購入でした。自宅に到着して、中を確認すると1匹が死着となっていました。すでに水合わせのためにバケツに移した状態で写真も撮ってなかったし、残匹数を数えると19か20匹でしたので特に問題とせずに水合わせをしました。今回は、前回の反省を踏まえて24時間以上かけて水合わせを行いました。

 水合わせの途中で、1匹が衰弱状態になりましたが、そのまま水槽に投入しました。

後日、この1匹と思われるエビが☆になりました。

 今後は、人力によるコケの除去とエビたちの奮闘でこの状況を脱したいと思います。

このコケだらけの水槽の隣にある放置水槽は、水換えもあまり行っていないんだけど綺麗な水を保っています。

隣の水槽は放置気味だけど水は綺麗

はやくコケだらけの水槽もこれくらいに持っていきたいです。


最後に、昨日の水温
ヒーター無でこの水温。本当に11月?
28度って!!
11月なのにこの水温。もちろんヒーターOFFですよ。


"ブログランキング参加中です!”

3式戦闘機“飛燕”製作状況

2011年11月04日 23:56

全体塗装も済んで、デカールも貼りました。
垂直安定板のデカールが破損したため、部隊マークは手書きで対応しました。
飛燕
完成も間近のように見えますが、部品の紛失で現在停滞中なんです。

実は、尾輪のパーツをヤスリがけの際にピンッと飛ばしてしまい、机の横のごみ箱の腐海に落としてしまいました。
そして、もう一つ、ベンチュリー管も作業机の上から姿を消してしまいました。
ベンチュリー管は、実機も付いていたり付いていなかったりなので、とりあえず無くてもよいのかも知れませんが、尾輪はそういうわけにもいきません。そうかといって、尾輪1個の為にパーツ請求するというのも個人的には嫌なんです。
飛燕
ということで、現在尾輪の再現を思案中です。


以下、11月27日追記
追記している時点ではもうすでに完成していますが、ここで紛失したベンチュリー管と尾輪の自作した時の写真をアップします。

ベンチュリー管は、プラ棒を削って作りました。
モーターツールにプラ棒をセットして、カッターの刃を押し当てて削っていきました。中心の穴は、ドリルです。
ベンチュリー管の自作

尾輪は、真鍮線を丸く巻いてタイヤの代わりにして、中心部とフォーク部分をプラ材で作成しました。
尾輪の自作


"ブログランキング参加中です!”

トイレ水槽の模様替え後

2011年11月03日 21:21

模様替えの終わったトイレ水槽はこんな感じになりました。
トイレ水槽
新しく流木を入れて、その流木には、アヌビアスナナ・イエローハートや、ナナ・プチ、ミクロソ・ナロー、ボルビを瞬間接着剤で固定しました。
流木の根元にはクリプトコリネを植え、石を少し盛っています。
手前には、テネルスを植えました。

ちなみに
模様替え前はこんな感じのレイアウトでしたけど。
レイアウト画像-5

"ブログランキング参加中です!”

トイレ水槽の模様替え

2011年11月01日 20:45

トイレの水槽も随分と弄らずに鑑賞していましたけど、石や水中ポンプにもコケが付きまくりましたので、重い腰を上げて模様替えをしました。
 トイレ水槽のコンセプトは、力んでしまった体と心を癒すためのレイアウトなので、それこそ力まずに作成します。なので、リセットとせずに模様替えというレベルにしました。

 まずは、フィルターやモーターのお手入れです。
洗浄中

"ブログランキング参加中です!”


最近の記事

free counters

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。