現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"ブログランキング参加中です!”

エーハイム60のリセット

2008年01月04日 20:22

正月休もボチボチ終盤ですね。会社によっては、今日からっていう所も多いようですね。私の勤め先は、6日まで休みです。
 さて、昨日、我が家のエーハイム60cm水槽のリセットをしました。新規に立ち上げということではなく、底床も再利用し、水も種水として採っておかなくてはいけないために、リセット完了までに随分時間が掛かりました。
 水槽洗浄完了

約9ヶ月ぶりの水槽単体状態です。水槽を洗うために1階まで降りて、更に玄関から外に出て、外の洗い場まで行かなくてはいけないので大変でした。途中、階段の手摺にゴチンとぶつけた時は冷や汗が出ました(^^;)
 
 リセットした後は、すぐに魚を入れるので水槽の水はもちろんのこと、フィルター内の水も種水にしました。
 朝から取り掛かり、夜に魚を入れて取りあえずの完了をしました。
ほぼ完了!


 ここから下は、我が家の水槽の底床の作り方を書きます。基本的に私は、ソイルなどのアクアリウム用品としての底床材を使用しません。我が家でソイルを使用しているのは、小型水槽とビー水槽だけです。ですので、ここから先の記事は、ソイルやメーカー品の底床を好んで使われている方には、不要な情報ですから、開かなくっていいですよ。 "ブログランキング参加中です!”
 その昔、私がアクアリウムをやり始めた時には、底床(底砂)といえば、大磯砂(フィリピン砂・南国砂)、サンゴ砂、五色砂が殆どでした。水草を植えない水槽でもだいたい底砂は入れていました。これらの利用目的は、底面濾過の濾材としてとか、水質をアルカリ性にするとか、または化粧砂や照明の底面反射を抑えるとかするための物が殆どでした。
 当時、水草水槽でも底床は大磯が殆どでした。我が家の初期の水草水槽も大磯砂でした。初期のAJを見てもパワーサンドを下に敷いた大磯の底床ばかりです。
 ADAのパワーサンドを初めて見たとき、パワーサンドが、水草水槽に有用なのはすぐに理解できましたが、当時はアクアリウム用品自体が高かった時代でしたから、底床に余りお金を掛けたくなく、自作パワーサンドを作りました。その時から今日まで、私は自作パワーサンドと大磯砂が基本の底床材となっています。


前置きが長くなりました。今回の底床材の紹介です。
まず、自作パワーサンドのベースとなる軽石です。園芸用品の「パミス」(中粒)です。パミスを利用したのは、こちらのHPを参考にしたからです。

底床材料(軽石)

そして、元肥となる添加剤です。ひとつは、言わずと知れたイニシャルスティックで、もうひとつは、園芸用品の鉄力あぐりというものです。
 以前は、イニシャルスティック(イニシャルD)だけでしたが、慢性的な鉄分不足を解消するために最近使用しだしました。
添加材

 これらと、パワーサンドに使われている完熟ピートに替わるもの(以前はピートモスを使用していました)、そして種水として採ってあった底床部分の水を混ぜ混ぜして今回の底床ベースとしました。
 混ぜ混ぜ

その後、前回の底床を洗浄したものを敷きました。
スポンサーサイト


コメント

  1. ポリンキー△ | URL | PPucW/LA

    >みうらさん
     こだわりと言えばこだわりなんでしょうかね?
    ただ単に、安い費用で趣味をエンジョイできる方法は無いかな?って自分なりに考えた結果なんですよ。
     それに昔のアクア用品って、眉唾物が多い気がしましたから(笑)

  2. ポリンキー△ | URL | PPucW/LA

    >zoeさん
    あけましておめでとうございます。
    単に水換えするだけなら、部屋の隣のトイレを使えばできるんですけどね。
     記事の後半を見てくださる方が多いので、書いてよかったなと思っています。
    本年もよろしくお願い致します^^

  3. みうら | URL | 2EKN1Tjc

    すごいですね~
    とてもこだわりが感じられます^^
    まだまだ始めたばかりなのでいつか自分流といいますか、そういうものが出来ればいいなぁと思います^^

  4. zoe | URL | mQop/nM.

    あけましておめでとうございます。
    水場まで少し遠いようで、作業ご苦労さまでした。
    底床は自作されているのですね。勉強になります^^
    本年も宜しくお願致します。

  5. ポリンキー△ | URL | Z624nn5Y

    >ペ・矛盾さん
    そうですよね、ソイルは長期維持には向いていないですから、どうしても天然砂系になってしまいます。私の好きなクリプトコリネ類は、底床が古くならないと調子が良くないので、尚のことです。私も、2年以上は維持していきたいです。

  6. ポリンキー△ | URL | Z624nn5Y

    >ebizukiさん
    いえいえ、きちっとなんかしてないですよ^^
    ただ、長期維持を考えたら、最初にある程度は仕込んどいたほうがいいのかなと思って底床造りをやってます。
     

  7. ぺ・矛盾 | URL | SFo5/nok

    低床

    私も今現在、ソイルを使った水槽は1つもありません。
    全部、GEXのピュアブラックです。
    ソイルを使うとどうしても長期維持が難しいので、やめました。
    5年は維持していこうと思っております。

  8. ebizukidaiou | URL | 1wIl0x2Y

    底床つくり・・・

    エビ水槽には軽石と麦飯石を敷いて、ソイルをかけています
    現在の水草水槽は軽石を敷いたうえにブライトサンドのみといういたって簡素な底床です
    しかし、ポリンキー△さんのようにきちんとしていないので
    水草の育ちが悪いため、結果的に固形肥料をその後大量に消費していることは言うまでもありません・・・^^;

  9. ポリンキー△ | URL | PPucW/LA

    >ZEROさん
    こんばんは~
    鉄力シリーズは、製鉄した時に出る副産物を有効利用したものだそうですよ。いわば、リサイクル製品っていうわけで、自然を愛するNAにあってそうじゃないですか!
    って事で、活用しだしました。それに、メネデールより割安感があるしね。しかも、会長が実感したように水草、特に赤色水草の色が良い色になります!
     
     

  10. ポリンキー△ | URL | PPucW/LA

    >hiraiさん
    こんばんは。
    hiraiさんこそ、新規セットお疲れ様でした!
    ソイルのメリットは軟水化なんですけど、これまでの水槽でも3dH維持してましたから、今回も同じ底床にしました(ソイルは高いしd(^-^)ネ!)
     正月は、気分の面でも立ち上げる絶好のチャンスと思い、リセットしました。お互いに、今後の成長を楽しみましょう!

  11. ポリンキー△ | URL | PPucW/LA

    >EAGLEさん
    こんばんは~
    リセットは、去年のG.Wに120センチ水槽で経験してましたので、要領よく出来ました。ただ、水が冷たくって、砂を洗うのがしんどいでしたよ(笑)
     ちなみに軽石、洗わずに使いました(爆)

  12. ZERO-FACT | URL | CAS03lUY

    こんばんは。 自作の底床に長年培われたノウハウを感じます。
    この鉄力あぐりのシリーズで鉄力あくあという製品をトヨタ部品の工具フェアに行った時にガラガラ抽選で当たり、それを水槽に添加していた時期がありました。
    すごく水草の葉の色が良くなって、効果があるなぁと思っていましたが、やはり関西で販売しているところは少ないようです。
    トヨタですから愛知県では多いみたいですね。

  13. hirai_masayuki | URL | -

    あけましておめでとうございます!
    新年早々リセットお疲れ様です!
    自作パワーサンドなんですね!
    うちも昨日新規セットでしたが、今回はパワーサンドなしの
    ソイルのみの底床にしました。
    今後の展開がたのしみですね!
    今年もよろしくお願いします!

  14. EAGLE | URL | -

    すげ~

    私も今日リセットするつもりで7時に起きたんですが・・・結局できませんでした。
    さすが、仕事が早いですね。
    わたしも同じHPを見て今朝園芸用の軽石を買ってきました。
    洗うことは洗ったんですが・・・そこで止まってます

    っていうかリセットはしたことはしたんですけどね。
    そのうちブログにUPしますが・・・。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://porinkytriangle.blog107.fc2.com/tb.php/127-071b5bef
この記事へのトラックバック


最近の記事

free counters

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。