現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"ブログランキング参加中です!”

120センチの水草の紹介

2008年12月21日 22:30

 今日は、我が家の120センチ水槽で育成されている水草を紹介します。
まずは、パンタナル・レッドピンネイトです。以前のチャームコンテストに応募したときのテトラ60からの移植です。
 底床の条件が著しく変わってしまったショックで、萎縮&白化してしまいました。さらに、体力が持たなかった株は立ち枯れてしまって、現在2株しかありません。これから、ピンチカット&差し戻しで下部を増やしていく予定です。
Ludwigia sp. “Pantanal”

 レッド・ルドウィジア。私の居住地域のショップで必ずと言って良いほど売っている水草です。
 CO2無しで、オマケに光量が少なくても枯れないという優等生ぶり。古き時代から、その存在感には圧倒されるものがあります。まさに古典的名品種です。簡単に枯れないと言うことは、これからも、我が家の水槽では、レイアウトに生かされていくことでしょう。
Ludwigia repens

 ロタラ・インジカです。アクエリアスさんからいただいたものです。
 我が家では、これまで数回にわたって、この水草の育成に挑戦してきましたが、みな不調に終わってます。何故か分からないけど、綺麗な草体を拝めたことがありません。
 今回は、アクエリアスさんの育て方が良かったのだと思いますが、今のところ無事に育っております。ちなみに、私がアクアを始めた頃のショップの熱帯魚水槽にはアクセサリーとして、大体このインジカかロトンディフォリアが植えられていました。そういった意味では、それほど難しい水草ではないはずなんですけど、我が家では育成困難種となっています。
Rotala indica

 ロタラ・マクランドラ。この水草は、前述の印字かとは真逆で、昔には、上手に育てられたという記憶がありません。必ず黒く縮れて枯れていました。
 今から思えば、低CO2、低光量、さらに硬度が高くては育てられるはずも無い水草なのですが、何度も透き通ったような赤い葉を見たくて挑戦してました。

 最近では、その頃の夢が叶っている為か、常に我が家のレイアウトに出てくる水草となりました。
Rotala macranda

水草の紹介は、さらに続く予定です。
スポンサーサイト
"ブログランキング参加中です!”


コメント

  1. ポリンキー△ | URL | PPucW/LA

    Re: 120センチの水草の紹介

    >arkさん
    おはようございます^^
    インジカとロトンジって、亜種レベルの差しかないって聞いてますけど、
    どうなんですかね。
     ロトンジのグラデーションは、群生させると綺麗に見えるんで
    僕は好きですよ^^
     マクランドラは、うちでも大磯ベースで綺麗に育ってますよ。
    20年Aquaに使用している大磯なので、酸処理しなくても、
    硬度が高くならないみたいです。

  2. ark | URL | GMGLrZ1Q

    Re: 120センチの水草の紹介

    インジカって赤くするのが難しいんですよ(僕には)
    赤系の水草とか言われてるのに
    真っ赤な姿なんてうちでは見たこと無いです^^;
    今は諦めてロトンジのグラデーションを楽しんでます。
    マクランドラは現在大磯砂で育ててますが真っ赤にはなってくれませんね~。
    成長も遅いし、せめて貝殻を酸処理くらいはするべきだったかも?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://porinkytriangle.blog107.fc2.com/tb.php/318-628b12df
この記事へのトラックバック


最近の記事

free counters

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。