現在の閲覧者数:

コケの原因を探る

2010年05月28日 20:30

前回、モチベーションが下がっているって言いました。
いやー、何でかなって考えてみたんですよ。
ひとつは、会社でも新体制で、新人教育担当になってしまったって言うのがあるのかなと思ったりしました。
 もうひとつは、イラストにちょっと趣味が偏向してきたこともあるかなとも思ったりしました。
 そして、もうひとつが、期待していた石組み水槽の不調と言うことかなと思ったりもしました。

レイアウト画像-1

石組み水槽は、今どうなっているかと言うと、かなりのコケが生えてしまいました。
もう、水槽の水草全体に薄っすらと、しかし、びっしりとコケが生えました。

この異変は5月に入ってから起こりました。原因は不明なのですが、自分なりにちょっとこの原因について考えてみたいと思います

レイアウト画像-2

まず、この水槽には、カージナル・テトラが70匹程度入っていました。これは明らかに過剰飼育数ですね。しかし、この魚の数は今に始まったわけではなくて2月の下旬から入っているわけなんですよね。それからとしても、3月くらいにコケが酷くなったと言うだけでその後は至って順調でした。
 そして水換えですが、基本的に1週間に1回は1/3の水量の交換はしていました。多少数日遅れることはあっても、とくに異常はなかったですね。

レイアウト画像-3

4月末にスネール対策として1匹のアベニー・パファーをタンクメイトとして迎えたんですけど、その直後もとくに異常が出たって言うわけはないです。

そして5月の中旬にコケが酷くなってしまったということで、カージナルを20~30匹程度抜きました。
そして現在に至るというわけです。

レイアウト画像-4

そして、昨日の水換えの時にアベニーを抜きました。そして、照明の電源をはずし、また照明点灯させないようにしました。当然CO2も止めました。

アベニーを抜いて、隣の水槽に移したのですが、その時偶然アベニーがスネールを捕食するところを見ました。
じっと獲物を見据え、狙いを定めてゆっくりと近づき目にも留まらぬ速さでシュッと吸い込みました。
その後口をモゴモゴさせたかと思ったら、プハッとカスを吐き出しました。その時、私は思いました。もしかするとコケの原因は、このアベニーが吐き出したカスなんじゃないかと。

生体画像-1

ま、そういうわけでアベニーを移したこちら(↓)の水槽で、同じようにコケが蔓延りだしたらアベニーが原因だったのねって言うことになりそうです。
 まずは、照明OFFにして石組み水槽は様子見とします。

レイアウト画像-5

あー、やっぱり下から見上げて写すと綺麗ですね~。

レイアウト画像-6
スポンサーサイト
"ブログランキング参加中です!”


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porinkytriangle.blog107.fc2.com/tb.php/499-af64deba
    この記事へのトラックバック


    最近の記事

    free counters