現在の閲覧者数:

レイアウトの完成に向けて

2011年10月22日 22:04

さて、前回は流木が浮いちゃったところまででしたね。
いやー、流木がポワーンと浮いちゃう様子も想定内だったので安心して見ておれました。これが、ちょっとでも複雑な構図で、流木の浮きとともに石組みが崩れちゃったら慌てたでしょうけれどもね。


ま、流木の浮きはほっといてw、次に向けて行動しました。
まずはお買い物ですよ。高いお買い物です。
テクニカのメタハラ用の交換球です。
今使っている奴がいつ球切れを起こすかわからないからいざという時のために買いました。
なんか噂ではメタハラの球も累積点灯時間とともに暗くなっちゃうんだって。だから早目の交換がいいそうだって。
そうはいってもこんなに高いんだものよっぽど暗くなるまで使い込んでやるわ。
 それにネットで調べたんだけど、純正品でなくても口金の形状や定格なんかが一緒ならほかの交換球でも使えるとか。
 買った後に調べたから、次回の交換球の購入の時に試してみようかな。
お買いもの2(純正品だよ。高かったよ)

次に購入したのは、地元のホムセン(ホームセンターのことね)で、オクラネットと庭に敷く砂利、この砂利はレンガなんかを砕いた再生品らしくとても安かったです。さらに袋が破れているとのことでさらにお値打ち価格でした。

オクラネットは、チャームさんでエビを購入した時にエビの袋の中に入っている足場代わりのネットみたいなやつです。地元のホムセンでは、商品のバラ売りはしてもらえないので、100枚買うしかありませんでした。それでも300円くらいなのでそんなに高くはないですね。
お買いもの

そして次に購入したのは、水草です。写真に写っているナナ(プチ)とラージパールグラスです。
で、ナナ(プチ)に先ほどのオクラネットを使って敷石を重しにして縛り付けました。
普通はこういう時にはビニタイなんかを使用しますね。そうです、それが正解!   なんですが手元にビニタイがなかったためにこうなりました。
 いいんですよ、結果良ければすべてよしって言うじゃないですか。
ナナ・プチの準備

さて、ほっといた流木も一向に沈む気配がない。うーん、困ったな。

ということで、ついに強制的に沈めます。
レイアウトで使わなくなった石をかごに入れて流木の上に載せます。
これで、かごが流木の枝に引っかかって、石が落ちることなく重みをすべて流木にかけることができます。
重しを載せて

それでh、ここまでの状態を水槽の前から見てみましょう

 強制沈水化させている流木には一部ウィローモスを絡ませてあります。
 前景の下草には、グロッソスティグマ、コブラグラス、ヘアーグラス、テネルス、そして、買ってきたオクラネットと敷石で作ったリシアネットに絡ませたリシアが使われています。
 流木の根元には、アヌビアス・ナナ、同ナナ・プチ、ミクロソリウム・ナロー。
 後景の下草にコブラグラス、テネルス。後景にはロタラ数種類とラージパールグラスです。
植栽状態
スポンサーサイト
"ブログランキング参加中です!”


コメント

  1. ポリンキー△(略称:ポリ♪) | URL | PPucW/LA

    Re: Re: レイアウトの完成に向けて

    >toshiさん
    コメントありがとうございます。
    そうなんですか、やっぱり早目の交換がいいんですね。
    安定器が壊れたら使えなくなるもんね、
    今度、球交換します。

  2. toshi | URL | HfMzn2gY

    Re: レイアウトの完成に向けて

    2年くらい交換しない方がいたのですが安定器が壊れたそうで、1年から1年半でメタハラの球は交換した方が良いそうです。
    安定器はADAだと2万円程、高いので球は定期に交換した方が良いですよ。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://porinkytriangle.blog107.fc2.com/tb.php/593-d296c495
この記事へのトラックバック


最近の記事

free counters