現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
"ブログランキング参加中です!”

Xbox‐360のちょっとした改造

2012年04月15日 23:16

2006年暮れにゲームソフト[ブルードラゴン]と本体が一緒になった[Xbox 360 コア システム ブルードラゴン プレミアムパック]を買いました。

 そのXbox360は今でも使っています。今までにあのRRod(RedRing of Death)による無償修理も経験し、今はディスクトレイも自動では開かなくなりました。なので今は、ゲームディスクの出し入れがとっても大変です。金属の棒をトレイカバーの隙間から中に差し込んで内部のギヤを回してトレイを押し出します。

 そしてさらに、ここ数年に発生するトラブルが“熱暴走”いわばオーバーヒート現象です。暖かくなる春から夏を経て秋までこのトラブルのためにゲームをすることができなくなります。

 ためしにゲームをしようとすると30分程度でリングライトの2つが赤点滅をします。

 最初にこの現象(リングライト2個赤点滅が発生)が起きた時は何が起こったのかわからず、ネットで検索して熱暴走だということを知りました。
 次に、熱のこもる原因を知るためにマイクロソフトの封印シールを思い切って剥がして(このシールを剥がすと保証が利かなくなる)、内部の排気ファンやその周辺を清掃しました。でも、掃除をしても熱暴走は再発してしまいました。こうなるともう、私としては為す術がなくなり、その後は夏場のXbox360の使用を控えるという選択をしました。
 
 しかし、昨日のことですが、“もう保証もなくなっているし、そろそろゲーム機の更新もしてもいいんじゃないか?それならばちょっと壊れてもいいから弄ってみようじゃないか!”ということを思い立ちました。

 そして昨日と今日で、熱暴走対策の改造をしてみました。
 
 まずはインターネットで“Xbox360改造 冷却”で検索して、関連のある記事を見て回りました。

 CPUやGPUに冷却ファンを直接セットし、放熱板も交換するような、素人ではできないような改造ばかりでした。
私にはそんな改造はできないので、もっと簡単な方法ってないかな?と考え、自作PCのケース内の温度上昇を防ぐ方法で行っている方法を試してみようと思いました。

 その方法とは、吸気ファンを設置して、本体内に空気を送り込む“強制送風方式”とすることです。



 自作PCはミドルタワーというケースにマザーボードが入っているのですが、自作PCにはCPUという発熱体があり、また同様にXbox360の内部には、CPUとGPUという発熱体があります。ゲーム中はかなり発熱します。その熱を蓄えたままだとCPUもGPUも壊れてしまうので、放熱板(ヒートシンクと言います)によって空気中に放熱します。
 
 このようにケース内部の空気中に放熱された熱を本体内から外に放出するために通常は排気ファンが設置されています、当然Xbox360にも設置されていますが、何らかの理由でこの排気能力が低下すると本体内部温度が上昇してしまうために“熱暴走”警告でオーバーヒートとなってしまうと考えられます。
 
 そこで、低下した排気能力を向上させるために強制的に空気を送り込んでやることを強制送風(強制換気)といいます。強制的に内部に空気を送り込むことにより、内圧が高くなり排気が起きやすくなるわけです。
この方法で自作PCはケーシング内部の温度の上昇を防いでいます。そして、この方法をXbox360にも応用しようと思ったわけです。


 新設する吸気ファンには、いつも夏場の水槽を冷却するのに使っているファンを流用しました。

 Xbox本体カバーのCPU&GPU付近にドリルで吸気口を開けて、ファンを取り付けるのですが、本体内部にファンを設置するだけのスペースはないのでカバーの外側にファンを取り付けました。ファンの電源は本体とは別に取るようにしたので、電源のON-/OFFが面倒ですが、まあ。いいです。
 
 実は数日前の暖かい日にもゲームをしていてオーバーヒートしてしまいましたが、今日の気候がその日と似ていたので、今日の昼間にファンを作動させた状態でゲームをやってみたところ、3時間やってもオーバーヒートしませんでした。その結果からすると改造の効果はあるようなので、真夏にむけてさらに効果の確認をしたい(ゲームがしたいだけ)と思います。




 
スポンサーサイト
"ブログランキング参加中です!”


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://porinkytriangle.blog107.fc2.com/tb.php/645-27da158f
    この記事へのトラックバック

    まとめteみた.【Xbox‐360のちょっとした改造】

    2006年暮れにゲームソフト[ブルードラゴン]と本体が一緒になった[Xbox360コアシステムブルードラゴンプでにあのRRod(RedRingofDeath)による無償修理も経験し、今はディスクトレイも自動では開かなくなりました。なので今は、ゲームディスクの出し入れがとっても大変です...



    最近の記事

    free counters

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。